Road to Programmer

~Raod to Programmer~
Vol.2[情報を収集セヨ]

更新日:

初めてのこと、初めての分野、何事も最初は知らないことばかり。

だからまずは「知らない言葉」をたくさん知っていこう。

そして一つずつ理解していくことで、いろんな世界が開かれていくのだ。

IT業界は業界用語も多く、「知らない言葉」を調べたらその解説中にはさらに「知らない言葉」が無数に。。。
なんてことが多いです。

それでも、常に新しい情報や技術にアンテナを張っておくことで少しずつ理解していけるのです。

Let's Steady progress!!




「ググりスキル」を上げる。

Googleロゴ

「ググりスキル」→ ググる上手さ

やっぱり初手はコレ。

何事もググることにこそ真髄はあり。

たくさん調べることで複合キーワードや検索条件の効率化などは勿論、
技術同士の結びつき(EX:あ、このアプリってこの言語だったんだ。あ、このツールってこんなこともできるんだ)等も知ることができます。

世の中は情報があふれにあふれかえっています。

それはつまり、間違った情報ももちろんたくさん存在しているということ。

その中から適切な情報を探し出す為にも「ググりスキル」向上は必須なのです。

何事も人に聞く前に自分で調べ、自分なりに解を求めようとする。

その行動こそが道を開いていくのです。

情報収集メディアを活用せよ

世の中には情報は発信するWebサイトが数多くある。

毎日一度は、目を通す。

またはメルマガ等に登録してコンスタントに情報を仕入れるのもよいと思います。

TECHFEED

techfeedロゴ

TECHFEEDは株式会社オープンウェブ・テクノロジーが運営するRSS系サービス。

国内、海外問わずに開発に関する膨大な情報を独自のアルゴリズムで整理し、配信してくれます。

しかも、重要なトピックは見逃さないように1日3回ダイジェストメールを発信してくれます。

海外の記事も豊富なので英語の勉強をしたいという方にもうってつけのサービスだと思います。

RSSとは(Rich Site Summary)の略です。

簡単に一言でいうと「情報を効率よく収集することができるフォーマット」のことです。

例えば、毎日チェックするほどの大好きなブログがあったとしましょう。

でもブログは不定期で、いつ更新されるかなんて運営者しかわかりませんし、実際に更新されているかチェックするにはそのブログにアクセスして確認する他ありません。

しかしRSSを使えば、実際にサイトを見に行かなくても更新されているかどうかを収集できるのです。

このようにRSSは情報収集や、何度もサイトにアクセスして更新を確認することがなくなる素敵なツールなのです!

THE BRIDGE

THE BRIDGEロゴ

THE BRIDGEは、ITに限らず、スタートアップ関連の情報やデータを中心に情報発信しているサイトです。

エンジニアは勿論のこと、起業家や投資家向けにアジア中心のスタートアップ、テクノロジーの情報を発信しているので、フレッシュな面白い記事が多かったりします。

世の中の流行や動向も知ることができるので、楽しく世界の動きをつかむことができます。

例えば、

「呼吸」をするロボットを抱きしめて睡眠不足解消へーースリープテックに挑戦するオランダのスタートアップ

とか

お医者さんはコンサルタント。AIが治療オプションを提案する次世代型医療スタートアップ

などなど、興味深いものばかりです!!

たくさんの情報をキャッチできる素敵なサイトなのです。

LIG

LIGロゴ

LIGは、台東区上野にあるWeb制作会社。

コンテンツも本当に為になるものから、本当に面白いものまで様々です。

本業はWeb制作会社だとは思うんですが、コンテンツが豊富すぎて毎日チェックしています。

ホームページや広告も社員が面白いことをしていたりするので、単純に見るだけでも面白いです。

何か新しいことを始めようとするときや、何か詰まったときにググると結構LIGさんの記事がヒットしたり。。。

かなり前衛的にいろいろなことをやっているので是非チェックしていただきたいです。




本を読みまくる

やはり本を読むことは重要だと思います。

気になる技術の入門書や技術書を買って、いろいろ試してみるのありですし、なんにせよ読んだものは絶対に無駄にはなりません。

私も最近になって技術書を買うようになりました。

WEB+DB PRESS

WEB+DB PRESS
WEB+DB PRESS
発売日:偶数月24日

WEB+DB PRESSは「Webアプリケーション開発のためのプログラミング技術情報誌」です。

Webアプリケーションの技術を様々な観点で見ていたり、特集があったりと、最新の気になる技術は勿論のこと、特集や企画も多く勉強になるものばかりです。

自分の気になる技術は勿論のこと他の技術も見てみることで、意外と知らなかった技術と出会えたりします。

これが本の良さなのかなと思います。

林修先生も、「余剰、寄り道こそがち知なのだ」と言っていました。

Software Design

Software Design
Software Design
発売日:毎月18日

Software Designは「OSとネットワーク,IT環境を支えるエンジニアの総合誌」です。

比較的にサーバ側のプログラミングや、インフラ知識、ネットワークに関する技術記事が多い印象です。

Web制作をするにしろ、Webアプリケーションを作るにしろネットワークの知識やインフラ周りの知識は絶対的に必要になってきます。

少しでも知っているのと知らないのとでは大きな違いがありますね!!

アウトプットせよ

こうして集めた情報を自分中で咀嚼し、理解しましょう。

しかしせっかく集めた情報を自分中だけで止めておくのはもったいない気がします。

そこで、自分が収集した情報や学習したことなどを誰かに説明したり、または記事として公開することをオススメします。

誰かに情報を共有するにしても記事を書くにしても、理解した気になっていただけで実は詳しく聞かれたり、詳しく書こうとするとちゃんと説明できない部分が見つかったりします。

こうして自分の知識をさらに確実なもの、高度なものへと引き上げることができます。

勉強会的なものを開くのもいいと思います。

違う分野が得意な人で集まって、「それぞれその分野の疑問点を数個持ち寄って解決し合う」とか、「最近学習して面白かったものや以外と知らない部分の解説を一人一個持ち寄る」とか、毎週や毎月にコンスタントに開催するものいいかと思います。

私もまだまだ知った気になっているものがたくさんあるので、情報を集めて集めて、アウトプットしまくろうと思います。

知らないことをさらけ出すのは恥ずかしいことではありません。

知らないということをはっきりと言えることこそが、知なのではないでしょうか。

そこから学べばいいのです。

以上、~Raod to Programmer~ Vol.2[情報を収集セヨ]でした!

次回もお楽しみに!




-Road to Programmer

Copyright© IT未経験のバンドマンがプログラマーを目指して。 , 2018 All Rights Reserved.