Road to Programmer

~Raod to Programmer~
Vol.4[プログラム言語の種類を知る]

更新日:

最初はプログラム言語にはいろんな種類があるために、何から手をつけていいのかわからないと思います。

やりたい言語や、プログラミングを通して最終的に作りたいものなどが見えている方は、その分野に特化したプログラミングの学習を進めていくといいと思います。

まだやりたいことが明確ではない方は、いろんなプログラムの仕組みや書き方などを学習して試してみることも一つの方法だと思います。

まずは、今世界中で使われている言語の種類と特徴を知ってみましょう。




これだけは知っておきたいメジャーな言語

HTML

HTMLのロゴ

できること

・Webサイトを作れる
・ブログを作れる
・様々なサービスの画面側を構成している。

特徴

HTMLとは、Hyper Text Markup Language の略のことで、
このホームページも然り、Webサイトの画面を表示するために使用されています。

HTMLは文章の枠組みをタグと呼ばれるもので記述していくことで、ブラウザに構成を伝えることができます。

HTMLだけではおしゃれなデザインなどはできませんが、大事な骨組みを構成しているのです。

CSS

CSSのロゴ

できること

・おしゃれなWebページを作成できる
・ホームページをデザインできる
・ブログを好きなデザインにできる

特徴

CSSとは、Cascading Style Sheets の略のことで、
ウェブページのデザインをしたり。スタイルを指定するための言語です。

HTMLと組み合わせて使用することで、Webサイトにデザインを入れ込んだり、アニメーションをつけたりすることができます。

HTMLがWebページの骨組みを作るのに対して、CSSではその骨組みをどんな風に装飾するかを指定します。

Javascript

javascriptのロゴ

できること

・動きのあるWebサイトを作成できる。
・ホームページに動きをつけることができる。
・風変わりなサイトを作成できる。

特徴

Javascriptは、HTMLと組み合わせて使用するもので、主にWebページに動きをつけたり、ボタンをおしたら色が変わるなどのあるアクションをトリガーにして動きをつけたりといろいろなことができる言語です。

サイトの利便性や、見やすさを工夫したり、風変わりなWebサイトだって作成することができます。

Webサイトで表現できないことはないと言っていいほど、プログラミング次第で様々なWebサイトを作ることができます。

PHP

PHPのロゴ

できること

・お問い合わせフォームを作成できる
・データベースとの連携ができる
・Webサービスを作ることができる。

特徴

PHPとは「Hypertext Preprocessor」の略で、動的なコンテンツの作成に向いているプログラミング言語です。

例えば、有名なCMSであるWordpressなど、多くの動的コンテンツにPHPが使用されています。

文法も分かりやすく、簡単なプログラムをすぐに書くことができるため、初心者でも取り掛かりやすい言語です。

Python

pythonのロゴ

できること

・WEBアプリケーションが作れる
・人工知能を作れる
・機械学習ができる

特徴

Pythonとは、組み込み開発、WEBアプリケーション、人工知能の開発や気概学習などで利用される言語のことです。

文法がとても単純で、可読性がとても高いことが挙げられます。

そのため教育言語としても利用されることが多い言語でもあります。

Ruby

rubyのロゴ

できること

・WEBアプリケーションが作れる
・API を作成できる
・スマホアプリを作れる

特徴

Rubyの特徴は、『オブジェクト指向である』、『インタプリタ方式である』、『汎用性が高い』、『構文の自由度が高い』、『記述量が少なくて済む』ということが挙げられます。

書いていて楽しい、ステレスフリーなんて言葉をよく聞きますね。

Java

javaのロゴ

できること

・Androidアプリ
・デスクトップアプリ
・業務系システム

特徴

Javaは1991年にアメリカのSun Microsystems社によって開発が始まったプログラミングです。

もともとは家電製品向けの新しい技術として研究開発されたプログラミング言語でしたが、1990年代の中ごろよりインターネットの技術が世界的に浸透してゆくにつれて
様々な動きが作れるWebページを作成することができるJavaが注目されるようになり、急速に普及してきました。

「Write once, run anywhere」という言葉がJavaの特徴を一言で表しています。

「一度プログラムを書けば、どこでも実行できる」という意味通り、Javaは環境に依存することなく、PCやスマートフォン、家電製品などの様々な環境で実行できるよう開発されていることが大きな特徴です。

C言語

C言語の画像

できること

・OS開発
・機械の組み込み制御
・アプリケーション

特徴

C言語は、1970年代に生まれたかなり歴史のあるプログラミング言語です。

昔からずっと使われて続けている理由は、汎用性の高さです。

C言語はOSに依存しない仕様なので、プログラムの移植性が高いという特徴があります。
また、豊富なデータ型、さまざまな演算子を使って、構造化プログラミングをすることにも優れています。

このように、記述の自由度が高く、開発環境も豊富に用意されているため根強い人気を誇っているのです。
少ないリソースで動作し、様々な環境で使用することができることも大きな強みです。

大学の授業や学習用の言語として使用されることが多いのも頷けますね。

主にどんな分野で活躍しているかというと、特に機械の制御をするような分野で使われていることが多いです。
例えば、ロボットや家電製品などの電子機器を制御したり、ソフトウェア、OSを作ることだってできてしまうのです。

C++

c++言語のロゴ

C++はその名前の通り、C言語の拡張版として生まれ他言語になります。

読み方は「シープラスプラス」と読みますが、「シープラ」何て呼ばれたりしています。

できること

・C言語の拡張版言語で、C言語でできることはC++でもできる
・コンシューマーゲームから生産性ソフトウェア、ロボット工学から電化製品のような組込みシステムまで手広く開発することが可能
・基本的にC言語と同じ作法の為、大抵の言語で通用する

特徴

C言語のプログラミングを経験した人達が、夢に見た理想を具現化したような言語です。数多くの理想を具現化したため、それを使うには膨大な知識と学習にかける時間が必要に。しかし、多くの人に支持されているのも事実です。

コンパイルすることで機械語に翻訳されるため処理は非常に速く、「プログラムでパソコンを制御する」ことを学ぶには、たいへん良い言語といえるでしょう。

Cに比べるとコード量は減りますが相変わらず多いです。メモリ管理など複雑な処理が必要なうえ、コンパイルが必要です。

C++と一括りにしていますが開発環境とOSに合わせて種類が多く、環境に依存するためOSが変わるとソースコードの大改修が必要です。

C#

C#のロゴ

できること

・きれいなGUIのフォームアプリケーションを簡単に作ることができる
・Webアプリケーションの開発
・ゲーム開発

特徴

C#とは、マイクロソフトが開発しているプログラミング言語で、
C++やJavaと同じオブジェクト指向と呼ばれるプログラミング言語です。

統合開発環境である「Visual Studio」を使えば、簡単簡単にフォームアプリケーションを作ることができるので、プログラミング初心者にもおすすめの言語です。

C#はマイクロソフトが開発しているプログラミング言語のため、Windows向けのアプリケーションの開発に最適と言われています。

Swift

swiftのロゴ

できること

・iphoneアプリを作ることができる
・Webアプリケーションを作ることができる

特徴

Swiftは、Apple社が2014年に発表したプログラミング言語です。

SwiftはXcodeというものを使って開発をします。そのため、Xcodeが動作するMacのPCが必要です。

コーディングが簡単で、軽く動作すると言われています。

Go言語

GO言語のロゴ

できること

・Webサーバーアプリケーション
・コマンドラインツール
・モバイルアプリケーション

特徴

「Go」は2009年にGoogleによって発表された、比較的新しいプログラミング言語です。「Go言語」「Golang」などと呼ばれています。

皆さんお馴染みのYoutubeや、近年インフラ界隈で注目されている「Docker」なんかもGoで作られていたりと、人気急上昇の言語です。

スピードやバグの見つけやすさなど、従来より進化した使いやすさが特徴です。




-Road to Programmer

Copyright© IT未経験のバンドマンがプログラマーを目指して。 , 2018 All Rights Reserved.