サバゲー

STRIKE WARRIORがほしい!!

更新日:

STRIKE WARRIOR
2009年9月のデザートウォーリアに始まる東京マルイの"ウォーリア"シリーズ第4弾

架空の銃だが、拡張性の高さや素性の良さからサバイバルゲームのサイドアームとしても侮れない。

今回はSTRIKE WARRIORの魅力を徹底調査しました!!




1.ウォーリアシリーズとは?

東京マルイが発売する「ウォーリアシリーズ」は、実在するモデルが存在しないエアガン。

特殊な環境において専門性を発揮する、いわば特殊カスタムモデル。

特殊な用途ゆえに規格やフォルムなど個性的なものに仕上がっており、サバゲーでも目立つこと間違いなしのシリーズだ。

2.ココがイイ!


■可変ホップアップシステム 搭載
■セミオート(単発)発射のみ
全長 205 mm
銃身長 74 mm
重量 816 g(空のマガジンを装着した場合)
弾丸 6mm BB(0.2〜0.25g)
動力源 HFC134aガス(※1)
装弾数 28 + 1 発(1発は本体に装填した場合)
型名 Strike Warrior
種類 ハンドガン(オートマチック)


見た目として目を引くマズル部分。
やっぱりココがカッコイイですね。
なんかもう、お肉を叩いて柔らかくできるようなギザギザ仕様。

このマズル部分は「ストライクプレート・コンペンセイター」と言うようです。

名称はともかくこの個性的なフォルムが独特の重厚感、雰囲気を醸し出しています。

また、全体的な印象も少しゴツゴツとした硬そうなかんじ。

流石は接近戦、CQBに特化したモデルだと言えますね。

前哨地でカチカチの肉を焼く前にこのマズルで肉を叩くことで柔らかくすることも出来ますし、なんとも言えない便利さがあります。←え。
(マズル部分はプラで出来ているためそんなことは出来ないようですが、、、)

僕的にはこの分厚いグリップも好みです。

がっしり握りこんで重みを感じながらのバトルをしたいものです。

カスタム次第でライトやサイトなどのアクセサリーをつければ相当カッコ良いフォルムに仕上がるのではないかと思います。




3.最後に

ガスブロのハンドガンは一丁持っておきたいですよね。

室内戦はもちろん、野外でも近距離での射撃にはもってこいですからね。

やっぱり一丁ホルスターに収めておきたいとゆうロマンも捨てられません。

ハンドガンに関してはガスブロがいいな〜って思います。

冬の野外では使えないかもしれないですけど、電動にはないダイレクトな打ち心地は最高のモチベーションになります。

個人的にはマズル部分をメタル化して更なる重厚感を出していきたいところですね。

メタル化したらお肉も柔らかく出来そうです。笑

こちらも購入次第レビー記事を書きたいと思います!!




-サバゲー

Copyright© IT未経験のバンドマンがプログラマーを目指して。 , 2018 All Rights Reserved.