雑記

泊まれる公園!?
静岡「INN THE PARK」

更新日:

静岡INN THE PARK
今回紹介するのは、泊まれる公園として話題の静岡「INN THE PARK」。

「INN THE PARK」は静岡県沼津市で30年以上にわたり愛されてきた「少年自然の家」を現代的にリノベーションした、これまでにないタイプの複合宿泊施設です。

広さはなんと、代々木公園に匹敵する約600,000㎡。
この広大な自然空間を自由に使うことができ、様々な贅沢さを味わうことができます。

中でも注目は森の中に浮かぶ「球体テント」。

他にも、キャンプとは一味違う「屋外レストラン」や、雨天時でも森を眺めながらゆっくりと過ごせる「サロン」など、ここならではの自然を身近に感じながら、初めての体験や贅沢な時間を過ごすことのできる施設やサービスが盛りだくさんです。

そんな静岡「INN THE PARK」の魅力やアクセスなど紹介していきます。




宿泊施設の種類

ココでは森の中に浮かぶ「球体テント」など、ちょっと変わった宿泊施設に宿泊することができます。
まずはどんな施設があるのか見てみましょう。

宿泊棟

宿泊棟の写真

おしゃれで、しっかりとした宿泊棟も準備されています。

宿泊棟は全部で4棟あり、一棟貸し切りでの利用になります。
定員は8名までで、ダブルベッドが8台設置されているという贅沢仕様。

家族や友人とゆっくりと使うことができそうです。

宿泊料金は54,000円/棟(税込)。
8人で宿泊すると1人当たり6,750円になりますね!

食事は別料金。
朝・夕食で1人5,400円でつけることができます。

食事つきで8人で宿泊した場合は1人12,150円になります。

ドームテント

ドームテントの写真

ドームテントは森の中に設置されており、球体型なのが特徴的。

定員は2名でシングルベッドが2台設置されています。

宿泊料金は17,280円(税込)なので、2人で宿泊すると1人8,640円になります。

天窓から森の景色を見ながらベッドに寝転ぶことができ、
2人だけのプライベートな贅沢にぴったりな空間です。

コチラも食事は別料金で5,400円なので、
食事つきの場合は1人14,040円になります。

吊テント

吊テントの写真

最も気になる吊テントがコチラ。
木と木の間にぶら下がって設置されており、宙に浮いているテントなのです。

ドームテントと同じく定員は2名で、シングルベッドが2台設置されています。

宿泊料金は21,600円(税込)なので、2人で宿泊すると1人10,800円になります。

天窓から森の景色を楽しみながら、さらに浮遊感も味わえるという素敵なテントです。
2人で特別な時間を過ごせること間違いなしです!!

コチラも食事は別料金で5,400円なので、
食事つきの場合は1人16,200円になります。




こだわりの食事

食材は旬の食材を使用し、季節に合わせてメニューが変動します。

地元の食材をふんだんに使ったこだわりの料理が楽しめそうです。

また、ディナーコースではテーブル上に設置されている炭火を使用し、自ら調理するスタイルも取り入れていて、
まさに「森のレストラン」のような食事を楽しむことができます。

ディナーメニューはこのようなラインナップ!!

  • 函南“フライパン”さん特製スープ
  • 三島“Bourangerie つみき”さんのカンパーニュ
  • 沼津“REFS”さんから届く旬の地場野菜
    バーニャカウダソース添え
  • ミックススパイスでマリネした豚のスペアリブ
    チリソースを使ったオリジナルBBQソース
  • 牛のステーキ、バーボンソース

どれも贅沢な料理ばかり。
宿泊するなら食事も贅沢に楽しみたいですね!!

アクティビティ

芝生広場を使った「ナイトシアター」や「音楽イベント」、
青空の下で広々とすがすがしく行える「ヨガ」、「各種ワークショップ」など、広い敷地を生かしたおしゃれなアクティビティが盛りだくさん。

健康的な生活や、非日常の生活など多方面の贅沢をアクティビティを通して経験できそうですね。

おしゃれになること間違いなしなのでSNS映えすることも間違いなしです。

また、公園やサロンでも楽しめるように「ボードゲーム」等の貸し出しアイテムもあるとのこと。

お子様連れのご家族でもいろいろな遊びをすることができそうですね。

アクセス

首都圏からは東名高速道路で約1.5時間

都心からでもそう遠くはない距離にあるのがINN THE PARKの魅力の一つ。

都会にいるだけでストレスは溜まり続けるものです。
大自然のマイナスイオンを体に取り入れ、心身ともにリフレッシュする場所にもってこいです。




-雑記

Copyright© IT未経験のバンドマンがプログラマーを目指して。 , 2018 All Rights Reserved.